2007年04月08日

 ハーレクイン・イマージュ  心の花嫁/レベッカ・ウインターズ

心の花嫁 恩師であり親友の兄であるミゲルの離婚裁判でニッキーはミゲルの不倫相手として召還される。バスク地方の文化を研究していたニッキーは八ヶ月前にあった出来事から、大学を辞めコロラドに引っ越していた。裁判では同じ研究に携わったニッキーとミゲルの親しい関係が明らかになっていくが、ニッキーは彼に妹の親友以上の存在としてに扱われることはなかった…

 今月の新刊「きみに捧げる祈り」を読んでいたら無性に読み返したくなってしまったのがこの作品です。
 前半は離婚裁判の様子が綴られ、ヒロインがどのようにヒーローに惹かれていったか、どんな出来事があったのか、ヒロインがヒーローの元を離れた理由などが徐々に明らかになっていきます。人知れず親友の兄に恋心を募らせていったヒロインとヒーローの実際の関係は…?これが裁判形式だからか、わりとスリリングでどきどきしてしまいます。後半はヒーローの心情も(読者へ)描かれ、過去の同じ出来事をどのように見ていたか、全く別の面が明らかにされ、意外な真相が露呈します。このへんはホントに面白いな~と思います。気になるところと言えばヒロインの想いが激しすぎるところが若干あれなのですが、この作者さんはどれも全般的にそんな感じとも言えますね。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆

 ハーレクイン・イマージュ  きみに捧げる祈り/レベッカ・ウインターズ

きみに捧げる祈り かつて神父のジャロッドを愛したシドニーは実ることのない恋から教師を辞め町を離れ、イエローストーン公園のレンジャーとなった。一年以上が過ぎ、ふたたび高校教師の職を得て別の町へと移ったシドニーの前にジャロッドが現れる。彼は司祭を辞めたと彼女に告げ…

 恋してはいけない人に恋したヒロインは職を辞め町を離れ、一方のヒーローは悩み抜いたあげく司祭という職ではなくヒロインを選んで彼女を追ってきます。それが更なるヒロインの悩みの始まりで、それまで彼はすばらしい神父でありその仕事を心から愛していたことを知っていただけに、いつか彼が職を離れたことを後悔するのではないかとなかなか受け入れられません。真剣で深い深い想いに悩む主人公ってのはこの作者さんならではでしょうか。感情の揺れ動きがメインとなっています。この前の作品よりは面白かったかな、と。

 お気に入り度:★★★☆☆(3.5) ホット度:★☆☆☆☆

 ところで司祭についてはWikipediaで確認。

カトリック教会において、司祭とは司教・司祭・助祭と三つある聖職位階のうちの一つ。(中略)一般には神父という敬称で呼ばれる。  --Wikipedia「司祭」より

牧師とは違い、妻帯は許されていないらしいです。

2007年04月06日

 シルエット・スペシャル・エディション  再会はベッドで(色あせぬ想い)/アネット・ブロードリック

色あせぬ想い キャラウェイ・エンタープライズの施設で爆発が起こる事件が相次ぎ、陸軍に所属するクレイは海外勤務から呼び戻される。結婚前夜に婚約者のパメラにふられてから何年も帰郷を避けてきたクレイだったが、CIAや陸軍も関わる事件調査チームに参加することになる。そしてFBI捜査官となったパメラとペアを組むことに…

 「キャラウェイ・ダンディーズ」シリーズの関連作で、シリーズ3作目「旅立ちは風のように」の主人公たちの息子クレイがヒーローです。今回は一族がどっさり出てきまして、クレイとパメラ以外のもうひと組のロマンスも進行します。
 登場人物が多いので、従兄弟?兄弟?誰の子供だっけ?と時々混乱しましたが、本筋は若さゆえに結ばれなかった二人の元さやもの、事件はゆるめです。それでも主人公二人が真剣で想いが深いゆえにすれ違ってしまったり、もうひとりのヒーローが初々しかったり、結構楽しかったです。

 お気に入り度:★★★☆☆(3.5) ホット度:★★★☆☆

2007年04月05日

 シルエット・スペシャル・エディション  荒野のプレイボーイ(情熱のゆくえ)/アネット・ブロードリック

情熱のゆくえ キャラウェイ家の三人の独身男性、クリント、ケイド、マシューの守護天使たちは彼らが愛を受け入れるよう天界から干渉すべきだと考えていた。潜入捜査官のクリントはマジシャンのマネーロンダリングを調査するため同僚のガブリエルとラスベガスに向かう。彼の役割は歌手に扮したガブリエルの愛人役で…

 「キャラウェイ・ダンディーズ」シリーズの関連作、3部構成です。クリントとケイドはシリーズ1作目「追憶は波のように」の主人公たちの双子の息子で、マシューは2作目「出会いは嵐のように」の主人公たちの養子です。それぞれ愛を受け入れることができなかったり、真剣な関係を避けてきた主人公たちが天使の介入によって愛する女性と結ばれていきます。
 でもその介入がやりすぎと思える話もあって、ちょっとねえ。ほどよい加減のものもありますが。ヒーロー別の3部作になっているためひとりひとりが短いのも物足りず、あっという間に決着という気がして残念でした。「キャラウェイ・ダンディーズ」シリーズが好きな方なら読んでもいいかな、という程度でしょうか。3作目以外は一応関連してはいるものの普通の作品です。

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

 ところで3作目のマシューの話は「追憶は波のように」に深く関連してくる話だったので、たまらなくなってすぐにこちらを読み直してしまいました。キャラウェイ・ダンディーズのなかでは一番のお気に入り、やはり今読んでも面白かったです。

2007年04月04日

 シルエット・ディザイア  ひと月だけの永遠/スーザン・クロスビー <恋人は大富豪4>

ひと月だけの永遠 双子の妹サマーの婚約者ジョンに密かに想いを寄せていたスカーレットは二人が婚約を解消したと知って部屋を訪ね、傷心の彼と流れに任せてベッドを共にしてしまう。一ヶ月後再会した二人は、サマーが不在のひと月の間だけ付き合うことを決めるが…

 「恋人は大富豪」4作目は3作目のヒロインの姉スカーレットが3作目でふられたヒーローと付き合う話です。(前作で)どうも様子が変だと思ったらそういうことだったのねーと納得。ふとしたことから関係を持ってしまった二人はサマー(前作ヒロイン)が(コンサートツアーに同行して)不在の間だけのつもりで疑似恋愛を始めます。前半はそれなりにわくわく楽しく読んでいたのですが、後半に登場する前作ヒロインが、ちょっと前作でのイメージとズレがあって…なんかすごーくがっくり。5日刊で一番楽しみだっただけに。そう思うと主人公二人のキャラにもふつふつと不満点がわき上がって、読後はイマイチでした。

 ただ、これから主役をつとめそうな面々が出てきてそれにはかなり興味を引かれました。過去を持つ叔母、いわくありげな(バレバレ?)従兄弟などなど。今後も楽しみです。

 お気に入り度:★★☆☆☆ ホット度:★★★☆☆

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages