« 【過去分】プリンスの甘い罠/ルーシー・モンロー <三つのティアラ1> | メイン | 情事への招待/スーザン・ネーピア »

2007年08月19日

ハーレクイン・ロマンス  プリンスの裏切り/ルーシー・モンロー <三つのティアラ2>


 友人の紹介でシチリアの海運会社の仕事に就いたダネッタは支社長でプリンスでもあるマルチェッロと恋におちる。周囲にもマスコミにも秘密の関係を続けてきたが、妻を亡くした後は女性と短い関係しか持たなかったマルチェッロと半年以上関係を続けていることや、彼が避妊を怠りがちなことから、二人の将来に希望を持ち始める。しかし…

 「三つのティアラ」2作目は三男マルチェッロがヒーロー、他の二人の兄弟とは母親が違います。ヒロインは「復讐のウエディングベル」にヒロインの友人として出ていたダネッタ。そちらの主人公たちは名前だけの登場です。
 最初は秘密の関係に甘んじていたヒロインがそれ以上を求め始め、愛の言葉以外はすべてを差し出すヒーローとの間に軋轢が生じます。二人とも辛い経験をしてきて、結果的に思いが行き違ってしまっても真剣な思いはとても伝わってきます。で、それほど悪くはなかったのですが、足かけ3日もかけて読んでいたため後半はよくわからなくなってしまいました。すみません…

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

His Royal Love-child (Harlequin Presents) :Amazon
 Wiki RomanceWikiより

 ルーシー・モンロー(LucyMonroe) 著
 中村美穂訳
 原題: His Royal Love-Child
 2007年8月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2216
 三つのティアラ2
 ISBN:978-4-596-12216-2
 舞台:シチリア、イゾレ・デイ・レ(架空の王国)