« プリンスの裏切り/ルーシー・モンロー <三つのティアラ2> | メイン | ただいまお休み中です »

2007年08月20日

ハーレクイン・ロマンス  情事への招待/スーザン・ネーピア


 長い年月を捧げてきた恋人を自分より若い女性に寝取られたノーラ。彼から平凡だと言われたノーラはその夜新しいドレスと靴を買い、パーティで一番危険な男の気を引いてみようと決意した。そして完璧な男性ブレイクに話しかけようとしたとき…

 超久しぶりに登場のスーザン・ネーピア。昨年のウエディング・ストーリーにも収録されていますが、それを除くと2002年8月の「熱い取り引き」以来、なんと5年ぶりです。ですので期待半分、心配半分で読み始めましたが杞憂に、とても楽しく読めました。傷心から一時の情事を求める女性が主人公となると一夜の情事とかそのへんのうわーっとホットな展開?と思いきや、そそっかしいヒロインのトラブル・コメディなんでしょうか。もちろんセクシーな展開やヒロインのトラウマといった複雑な問題も絡めていますが、ちょいちょいヒロインをからかうヒーローとそれに反応するヒロインが楽しかったです。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆

Mistress for a Weekend (Harlequin Presents) :Amazon
 Wiki RomanceWikiより

 スーザン・ネーピア(SusanNapier) 著
 古川倫子訳
 原題: Mistress for a Weekend
 2007年8月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2221
 ISBN:978-4-596-12221-6
 舞台:オークランド

関連するエントリー

関連するTag(キーワード)