« 復讐の扉が開くとき/ジャクリーン・バード | メイン | 【過去分】プリンスの甘い罠/ルーシー・モンロー <三つのティアラ1> »

2007年08月17日

シルエット・ディザイア  【過去分】あなたを待つ夜/ハイディ・ベッツ 他 <恋人は大富豪5~7>

 一応発売順に読んでいる「恋人は大富豪」シリーズ。例によって簡単にメモ。

あなたを待つ夜 5作目「あなたを待つ夜」(ハイディ・ベッツ)は5/5読了。EPHの営業部長をつとめるカランと4年ほど秘密の恋人関係にあるミスティ。ある日ミスティは妊娠に気づき二人の関係に終止符を打とうとしますが、先にそれを知ってしまったカランは結婚を決意します。
 ミスティはラスベガスの元ショーガールでカランより5つ年上という身分違いもの。不安に揺れるミスティとただひたすら彼女を愛し守ろうとするカランの物語です。悪くはないけれど好みとは少し違ったかも、と。

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

残酷な真実 (シルエット・ディザイア 1181 恋人は大富豪 6) 6作目「残酷な真実」(シャーリーン・サンズ)は7/12読了。エリオット家の暴露本を書こうと画策するブリジットはその取材のためやってきたコロラド州で事故に遭い、記憶を失います。彼女の面倒を見てくれる保安官マックとの恋物語。
 ブリジットは1,2作目のヒーローたちの妹でカリスマ誌の編集者。これまでの作品にもちょこちょこ顔を出し嵐を起こしそうな雰囲気を漂わせていました。それまで印象通りの若いお嬢様的な傲慢さも見せつつ、記憶喪失ということで生き生きとした飾らない素顔も見えます。暴露本出版の野望の顛末も明らかになります。

 お気に入り度:★★☆☆☆(2.5) ホット度:★★★☆☆

 7作目「危ない関係」(カーラ・レノックス)は7/23読了。勤務先銀行の不正を知り当局へ通報したルーシーは身の危険を感じ助けを求めます。彼女を守るため派遣された捜査官がカサノヴァことブライアン・エリオットで、ふたりはニューヨークのブライアンのアパートメントに身を隠します。
 5作目のヒーロー・カランの兄弟で、それまでの怪しい行動から半ば正体バレバレだったブライアンがやっとヒーローとなります。ただし職業を予想していただけに本編があまりにもまったり生活、緊張感のかけらもない(少なくとも後半までは)のは肩すかしを食らった感があります。ここはやはり○○○ものらしくサスペンスタッチで行って欲しかった。たぶんニューヨークに潜伏する(実は自宅にいるだけ)ってのがぬるさの根源のような気もします。エリオット家関連をいろいろ登場させたいゆえなのでしょうが…。そういう期待がなければ普通の甘いヒーローとして楽しめたかもしれません。

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆