« 【過去分】珊瑚礁のキス、夢見の旅人/ジェイン・アン・クレンツ | メイン | 運命なら、もう一度/バーバラ・ダンロップ <恋人は大富豪8> »

2007年07月15日

ハーレクイン・ロマンス  月への階段を上って/トリッシュ・モーリ

R 月への階段を上って :Amazon
 社長のロレンスが亡くなり、真珠会社のデザイナーとしてロレンスの右腕として働いてきたルビーは深い悲しみを味わう。しかし彼と仲違いをしてオーストラリアを離れていた息子ゼインが帰国し、ルビーを父親の愛人と思いこみ敵意を向けてくる。会社を離れることを決意したルビーだったが…

 姉のオパールサファイアの話につづき、クレメンジャー三姉妹最後のひとりルビーが主人公の物語です。
 愛人誤解ものとでも言うのでしょうか、よくある話なのでジャンルのひとつと言ってもいいかも。亡き父の愛人と思いつつもたちまちヒロインに惹かれるヒーローと、その誤解を利用してヒーローに惹かれる気持ちを抑え込もうとするヒロイン。時に仕事上で呼吸を合わせ、時に辛辣なやり取りを交わし、時に欲望に駆られ熱いキス…と、触れてはいけない相手への思いは募っていきます。その辺の揺れる感情描写が丁寧で、でもテンポよくて面白かったです。愛に満ちたエンディングも良かったのではないでしょうか。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆(3.5)

A Virgin for the Taking (Harlequin Presents) :Amazon
 Wiki RomanceWikiより

 トリッシュ・モーリ(TrishMorey) 著
 水間朋訳
 原題: A Virgin for the Taking
 2007年7月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2210
 ISBN:978-4-596-12210-0
 舞台:オーストラリア・ブルーム

関連するエントリー

関連するTag(キーワード)