« 葡萄色の追憶/キャロライン・アンダーソン | メイン | カンヌの誘惑/フィオナ・フッド・スチュアート、シャロン・ケンドリック »

2007年04月14日

ハーレクイン・ロマンス  傷心のプリンス/キャロル・モーティマー <華麗なる兄弟たち3>

傷心のプリンス サフィーは思いがけずパリでリック・プリンスと再会した。妹ディーの結婚式で彼女に恋していたリックと同じく失恋したばかりのサフィーは出会い、一夜をともにした。その時からサフィーはリックを愛し続けてきたが…

 「華麗なる兄弟たち」の3作目、三男で脚本家リックがヒーローです。今回はショウビズにはあまり絡んでこず、前二作で謎めいてクールに思えた三男の意外な姿が。

 3作のなかでは一番好きです。一夜の恋ものやシークレットベビーものが結構好きというのが大きいと思いますが。それでも五年前に会ってはいるけど二人とも精神的にぐらぐらしていたわけだから、再会して改めて相手への愛を確認していくというのは流れが良かったんじゃないかなーと思います。もちろん序盤はヒーローがいつまで未練持ってんのもうといらつきましたけど、その後のアプローチは熱心だったので許します(笑)。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★☆☆☆☆

 Wiki RomanceWikiより

 キャロル・モーティマー(CaroleMortimer) 著
 桃里留加訳
 原題: Prince's Love-Child
 2007年4月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2189
 華麗なる兄弟たち3
 ISBN:978-4-596-12189-9
 舞台:パリ、ロンドン