« 憎しみは愛の横顔/ルーシー・モンロー | メイン | 名うての貴族/ニコラ・コーニック <読書会の秘密1> »

2007年04月18日

ハーレクイン・ロマンス  愛したのはシーク/ジェイン・ポーター

愛したのはシーク 子供の写真集を出版するため各地を旅しているカメラマンのタリス。バラカの小さな町の市を取材していたとき突如銃声が鳴り響き彼女は馬に乗った男たちの一団にさらわれてしまう。タリスをさらった男はここはバラカではなくワーハだと言い、彼女にスパイの容疑をかける…

 砂漠の国バラカが舞台だった「スルタンの花嫁」「砂と太陽の国で」の関連作です。今回はバラカの隣国ワーハが舞台です。「砂と太陽の国で」はこんな理由から未読です。
 最初のほうはいかにもアメリカ人ぽいヒロインでうんざりさせられました。が、後半のふたりは恋に落ちたというのとはまた別の印象ですけど、強く結ばれていく感じがなかなか良かったんじゃないかなあと思います。

 お気に入り度:★★★☆☆(3.5) ホット度:★★★☆☆

The Sheikh's Disobedient Bride (Harlequin Presents) :Amazon
 Wiki RomanceWikiより

 ジェイン・ポーター(JanePorter) 著
 漆原麗訳
 原題: The Sheikh's Disobedient Bride
 2007年4月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2185
 ISBN:978-4-596-12185-1
 舞台:ワーハ(北アフリカ~サハラ砂漠の架空の国)

関連するエントリー

関連するTag(キーワード)