« 恋が仕掛けた罠/リー・ウィルキンソン | メイン | 愛したのはシーク/ジェイン・ポーター »

2007年04月17日

ハーレクイン・ロマンス  憎しみは愛の横顔/ルーシー・モンロー

憎しみは愛の横顔 小さな宝石店で働くエリーザを恋人だったサルバトーレが訪ねてくる。大きな取り引きを控えた宝石店の防犯面が心配というエリーザの父親の要請からだった。一年前サルバトーレの子を妊娠したエリーザは彼にそれを告げたが彼は自分の子だとは信じず、彼女は流産し…

 普段はそんなに好きでもないルーシー・モンローですけど、今回は好みかも。面白かったです。ヒーローがヒロインをめちゃくちゃ酷い目にあわせまして、そうなった理由が少しずつ明かされていきます。で、それがまたヒロインに更なる苦痛をあたえることになり、ホントにひどいヒーローだよう、最後のほうは泣きそうでした。最初からヒーローにズタズタに傷つけられるヒロインの苦しみがとても伝わってきて、でも彼がそうしてしまった理由を理解も出来るし、ヒロインがヒーローを受け入れる理由もわかるのよね。はぁ~ドラマにどっぷり浸った感じです。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆(3.5)

Pregnancy of Passion (Harlequin Presents) :Amazon
 Wiki RomanceWikiより

 ルーシー・モンロー(LucyMonroe) 著
 中村美穂訳
 原題: Pregnancy of Passion
 2007年4月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2184
 ISBN:978-4-596-12184-4
 舞台:イタリア

関連するエントリー