« きみに捧げる祈り/レベッカ・ウインターズ | メイン | 葡萄色の追憶/キャロライン・アンダーソン »

2007年04月08日

ハーレクイン・イマージュ  心の花嫁/レベッカ・ウインターズ

心の花嫁 恩師であり親友の兄であるミゲルの離婚裁判でニッキーはミゲルの不倫相手として召還される。バスク地方の文化を研究していたニッキーは八ヶ月前にあった出来事から、大学を辞めコロラドに引っ越していた。裁判では同じ研究に携わったニッキーとミゲルの親しい関係が明らかになっていくが、ニッキーは彼に妹の親友以上の存在としてに扱われることはなかった…

 今月の新刊「きみに捧げる祈り」を読んでいたら無性に読み返したくなってしまったのがこの作品です。
 前半は離婚裁判の様子が綴られ、ヒロインがどのようにヒーローに惹かれていったか、どんな出来事があったのか、ヒロインがヒーローの元を離れた理由などが徐々に明らかになっていきます。人知れず親友の兄に恋心を募らせていったヒロインとヒーローの実際の関係は…?これが裁判形式だからか、わりとスリリングでどきどきしてしまいます。後半はヒーローの心情も(読者へ)描かれ、過去の同じ出来事をどのように見ていたか、全く別の面が明らかにされ、意外な真相が露呈します。このへんはホントに面白いな~と思います。気になるところと言えばヒロインの想いが激しすぎるところが若干あれなのですが、この作者さんはどれも全般的にそんな感じとも言えますね。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆

 Wiki RomanceWikiより

 レベッカ・ウインターズ(RebeccaWinters)著
 新井ひろみ訳
 原題: Bride of My Heart
 1995年10月5日発行
 Harlequin Image I-966
 ISBN: 4-8335-3966-7
 舞台:ネバダ州、バスク地方

関連するエントリー

関連するTag(キーワード)