« 愛したのはシーク/ジェイン・ポーター | メイン | 無垢なプリンセス/フィオナ・フッド・スチュアート »

2007年04月30日

ハーレクイン・ヒストリカル  名うての貴族/ニコラ・コーニック <読書会の秘密1>

名うての貴族 朝レイチェルが川岸で読書をしていると突然一糸まとわぬ男性が川から上がってきた。仰天しながらもうっとりと見つめたレイチェルはそれが両親の仕事仲間で幼なじみのコーリーだと気づく。狼狽えるレイチェルをコーリーはからかうが…

 ニコラ・コーニックの新シリーズ「読書会の秘密」1作目です。小さな村の読書会に参加するレディたちの恋とフランスのスパイの謎が中心となります。

 今回のヒロインは考古学者の両親と各地を移動する生活を続けたため、一ヶ所に落ち着いた生活を望む女性。一方のヒーローは考古学者で自らの冒険心の赴くまま生きてゆきたい男性、将来に正反対のものを望む主人公たちというわけで、これは現代物でもよくあるテーマですよね。個人的には今回の見所はうぶなヒロインを前にぐっとこらえるヒーローでしょうか。信頼しきった兄のような幼なじみの関係から踏み出すためには、キスひとつさえなかなか、なかなか…じれったいのよ(そこがいいの)!

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆

The Notorious Lord (Historical Romance) :Amazon

 Wiki RomanceWikiより

 ニコラ・コーニック(NicolaCornick)著
 田中淑子訳
 原題: The Notorious Lord
 2007年5月5日発行
 ハーレクイン・ヒストリカル HS-287
 読書会の秘密1
 ISBN: 978-4-596-32287-6