« 罪な伯爵/サラ・クレイヴン | メイン | その一言が聞きたくて/サラ・モーガン »

2007年02月21日

ハーレクイン・ロマンス  燃えさかる運命/キム・ローレンス

燃えさかる運命 妹を弄んだ男に復讐するため大聖堂で行われる彼の結婚式に忍び込んだベッカ。タイミングを計りいざ声を上げようとしたとき、ベッカの肩に手が置かれる。そこにはこれまで見た中で最もハンサムな男性がいて、大聖堂から連れ出されたベッカは彼に妹の件を打ち明けてしまう…

 お気に入り度:★★★☆☆(3.5) ホット度:★★★☆☆

 ヒロインに一目惚れしてしまったメロメロヒーローがヒロインに振り回されてしまう話…かしら。ヒーローの本心が分かっているのである意味安心して読め(ある意味ハラハラ感に乏しく)、むしろヒーローと一緒になってヒロイン大いに気を揉まされた感じもありました。昔のモーティマーの過保護ヒーローに通ずるものがあるというか。楽しく気軽に読める1冊でした。

The Carides Pregnancy (Harlequin Presents) :Amazon

 Wiki RomanceWikiより

 キム・ローレンス(KimLawrence) 著
 村山汎子訳
 原題: The Carides Pregnancy
 2007年2月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2170
 ISBN:978-4-596-12170-7

関連するエントリー

誘惑される理由/キム・ローレンス (2007年06月19日 06時37分)

関連するTag(キーワード)