2007年02月28日

ハーレクイン・ロマンス  ギリシアから来た略奪者/ジャクリーン・バード

ギリシアから来た略奪者 義姉ジャンの誕生パーティで、ジェマはギリシアの叔母の別荘を訪れたときにたった一度情事を持ったルークを義姉の恋人として紹介される。亡くなった夫を裏切った罪悪感からジェマは既婚者を装い、彼とは気まずい別れ方をしたのだが…。一方、かつて祖父が暮らしていたギリシアの島の別荘を手に入れるため、相続した女性を口説き落とすよう祖父に頼まれたルークはそれがジャンだと思い彼女をデートに誘い、誕生日パーティによばれる。そこで彼はこの一年忘れられなかった女性と再会し…

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆(3.5)

 そんなに強烈に「何か」があるわけではないのだけれど、終始安心して楽しく読めました。ヒーローがヒロインにすごーくメロメロ、ぞっこんなんだもの。なのに虚勢はったりしちゃって。

2007年02月27日

ハーレクイン・ロマンス  復讐のウエディング/ルーシー・モンロー

復讐のウエディングベル 二年前恋人に裏切られタブロイド紙の餌食となった元モデルのタラは現在は身体の線を隠す服装をし口紅さえつけない地味な会社員として暮らしている。ある日経営者のアンジェロにディナーに誘われ、ビジネス・ディナーだと思ったタラは承諾する。そして翌日も彼はディナーに誘い…

 ある思惑(冒頭で明らかに)からヒロインに近づいたヒーローと、過去の傷を抱えるヒロイン。前にも書きましたがヒロインが前の彼氏のことを引きずっている、しかもその男がろくでもない奴、という話が苦手なんです。同時期に読んだ「ギリシアから来た略奪者」(ヒロインが幸せな結婚をしていた未亡人)などは全然オッケーなんですけどねえ。こればっかりは、ホントすみません。

 お気に入り度:★★☆☆☆ ホット度:★★★☆☆

ハーレクイン・ロマンス  その一言が聞きたくて/サラ・モーガン

その一言が聞きたくて 自動車事故の現場に遭遇した看護師のルーシー。狼狽えながらも救助をする彼女を通りかかったハンサムな男性が手伝ってくれた。自信たっぷりの態度で出会ったばかりのルーシーに惹かれているのを隠そうともしない彼は、ルーシーが勤める診療所に勤めることになっていて…

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

 Iなのにホットと評判のサラ・モーガンでしたが今回はそこはおさえめ。傷ついたヒロインのためにぐっと我慢のヒーローです。

2007年02月21日

ハーレクイン・ロマンス  燃えさかる運命/キム・ローレンス

燃えさかる運命 妹を弄んだ男に復讐するため大聖堂で行われる彼の結婚式に忍び込んだベッカ。タイミングを計りいざ声を上げようとしたとき、ベッカの肩に手が置かれる。そこにはこれまで見た中で最もハンサムな男性がいて、大聖堂から連れ出されたベッカは彼に妹の件を打ち明けてしまう…

 お気に入り度:★★★☆☆(3.5) ホット度:★★★☆☆

 ヒロインに一目惚れしてしまったメロメロヒーローがヒロインに振り回されてしまう話…かしら。ヒーローの本心が分かっているのである意味安心して読め(ある意味ハラハラ感に乏しく)、むしろヒーローと一緒になってヒロイン大いに気を揉まされた感じもありました。昔のモーティマーの過保護ヒーローに通ずるものがあるというか。楽しく気軽に読める1冊でした。

2007年02月16日

ハーレクイン・ロマンス  罪な伯爵/サラ・クレイヴン

罪な伯爵 広告代理店に勤めるローラは知人のパオロに頼まれ彼の恋人としてイタリアにある彼の母親ルクレツィアの別荘に滞在することになった。一方息子を許嫁と結婚させたいルクレツィアは甥のアレッシモに、ローラとパオロをアレッシモの家に泊め、ローラを誘惑してパオロに見せつけるよう脅し…

 毎回言っているような気がしますが、昔ながらのパターンとテイストに最近ものっぽいヒーローの心情部分もありの作品です。誘惑を仕掛ける側とそれに抗わなければならない側、前半は惹かれ合う二人のキリキリとした緊張感があり、後半はうぶだけど一生懸命なヒロインとそれに真剣に向き合うヒーローが甘くてかなりいい感じ。この辺は読み返して余韻にどっぷり浸りました、うひひ ハート×2

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆

 悪役の要素とかよくあるのですが、逆に変な読者への裏切りもなく安心して読める1冊です。最近のRはホットすぎてちょっと…という方にもおすすめ。

2007年02月15日

シルエット・ディザイア  薔薇の花の秘密/シンディ・ジェラード <華麗なる紳士たち:秘められた情事1>

薔薇の花の秘密 クリスティーンはオークション会場で伝説の女無法者ジェサミン・ゴールデンのものとおぼしきサドルバッグを見つける。しかも中には地図が入っている!彼女が隠した金塊を見つける手がかりになるかもしれないと興奮するクリスティーンだったが、彼女が落札する寸前、ジェイクが横取りしてしまう。彼は理想の結婚相手として町中の女性から憧れられる男性だったが、常にクリスティーンをからかい、怒らせずにはいられなかった。そしてジェイクは舞踏会に一緒に行けば落札品を渡すと言い…

 お気に入り度:★★★☆☆(3.5) ホット度:★★★☆☆

 テキサス州ロイヤルの<テキサス・キャトルマンズ・クラブ>会員たちをヒーローにした(らしい)ミニ・シリーズ「華麗なる紳士たち」の5シリーズ目です。今回は約100年前の女無法者ジェサミン・ゴールデンをめぐる話が展開しそうです。このシリーズは読むのが初めてなので、たぶんですけど。この件には興味を持ったのでたぶん次作も読むでしょう。
 お気に入り度は前半が4、後半が3くらい。小学生かというツッコミはおいといて、ちょっかいを出さずにはいられないいたずらっ子のようなヒーローって好きなので。

2007年02月11日

シルエット・ディザイア  許されない二人/ブレンダ・ジャクソン <恋人は大富豪2>

許されない二人 大学病院のソーシャルワーカーとして働くルネイは患者となったカレンの息子タグと知り合う。たちまち惹かれ合う二人だったが、『パルス』の編集者でエリオット家の一員であるタグと一介のソーシャルワーカーであるルネイでは住む世界が違い、そして肌の色も違った…

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆(3.5)

 「恋人は大富豪」2作目です。前作のヒーロー・ギャノンの弟タグことティーガンがヒーローになり、表紙からは若干分かりづらいのですけど、ヒロインはアフリカ系アメリカ人です。ただでさえ富豪一族に属するヒーローとは身分違いになりそうなのに更に人種の違いもあって、これは読むほうも何というか複雑で難しかったです(うまく言えないんですけど)。ヒーローはヒロインにぞっこんなのでそこは安心。