« 黒衣の騎士との夜に/アマンダ・クイック | メイン | 伯爵夫人の条件/ペニー・ジョーダン <華麗なる日々2> »

2006年12月15日

ハーレクイン・ロマンス  蝶になるとき/ダイアナ・ハミルトン

蝶になるとき 牧師の娘マーシーは広告代理店を経営するアンドレアの家政婦になる。地味な服を着、彼に朝食を勧め、彼と徐々に親しくなるマーシー。ある日アンドレアからCMモデルになって欲しいと頼まれ有頂天になったが、彼女にふられたのはあか抜けない醜い女性の役割で…

 純朴で明るく少々おせっかいなヒロインと魅力的だけど超がつくほど身勝手な(特に前半)ヒーローの話です。後半になるとしょうもないけど憎めないってかんじにはなりますが、ここまで踏みつけにされたらキレませんか。そうしないところが彼女の良さなのかな、優しく包容力のあるヒロインです。

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

Bought by Her Latin Lover (Harlequin Presents) :Amazon

Wiki RomanceWikiより

 ダイアナ・ハミルトン(DianaHamilton) 著
 高木晶子訳
 原題: The Italian Millionaire's Virgin Wife
 2006年12月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2155
 ISBN:4-596-12155-9

関連するエントリー

欺かれた夜/ダイアナ・ハミルトン (2006年05月26日 22時47分)

関連するTag(キーワード)