« 二百年の恋/フィオナ・フッド・スチュアート | メイン | 徐々に »

2006年11月19日

ハーレクイン・ロマンス  麗しきレッスン/サンドラ・マートン <ラミレス家の花嫁3>

麗しきレッスン NYに暮らすジェイクの元へ実父の弁護士からの手紙が来る。そこには遺産受け取りと異母兄弟に会うための条件が書かれていて…。リオデジャネイロの学校に8年間閉じこめられていたカタリーナは学校を出て両親の遺産を継ぐ21歳の誕生日を心待ちにしていた。しかし後見人の大叔父が亡くなり、遺産を受け取るには新しい後見人の選んだブラジル人と2か月以内に結婚しなければならないとわかり…

 「ラミレス家の花嫁」最終話です。いよいよ三兄弟に出会いの日が…?

 長い間学校に縛られ今また無茶な遺言に縛られるヒロインは自由を欲してヒーローに対しても反抗します。でも気概があり一方でうぶでもあり(8年も学校の外に出られなかったわけですから)、ヒーローじゃなくても魅力を感じますって。自由に暮らしてきたヒーローが翻弄される様は楽しい♪面白かったです。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆(3.5)

The Disobedient Virgin (Harlequin Presents) :Amazon
Wiki RomanceWikiより

 サンドラ・マートン(SandraMarton) 著
 槙由子訳
 原題: The Disobedient Virgin
 2006年11月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2146
 ラミレス家の花嫁3
 ISBN:4-596-12146-X

関連するTag(キーワード)