« 情熱を捧げた夜/ケイト・ウォーカー | メイン | 麗しきレッスン/サンドラ・マートン <ラミレス家の花嫁3> »

2006年11月18日

ハーレクイン・ロマンス  二百年の恋/フィオナ・フッド・スチュアート

二百年の恋 音信不通だった祖母を二十年ぶりに訪ねたナターシャ。和解をした夜祖母は亡くなりナターシャには地所が残される。隣人の男爵ラウルと出会い親しくなっていくが、ある日男爵家の歴史が書かれた本に二百年前に生存したナターシャと全く同じ名の祖先を見つけて…

 前2作ではティーンエイジャーヒロインでしたが今回は仕事も持つ大人のヒロインです。でもやっぱりヒーローが気になりますね、色んな意味で。やきもち焼きだし、彼女に夢中なのに絶対に認めようとしないし、ヒロインに怒ってばかりなのに会いに行かずにはいられなかったり、おバカというかここまで来ると笑ってしまう…。でもかわいいと言いますか嫌いじゃないですね。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆

At the French Baron's Bidding (Harlequin Presents) :Amazon
Wiki RomanceWikiより

 フィオナ・フッド・スチュアート(FionaHood-Stewart) 著
 苅谷京子訳
 原題: At The French Baron's Bidding
 2006年11月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2145
 ISBN:4-596-12145-1
 舞台:フランス