2006年11月30日

シルエット・ディザイア  明日なき結婚/モーリーン・チャイルド <富豪一族:知られざる相続人7>

明日なき結婚 海兵隊員のサムは事故死した友人夫妻の九ヶ月になる双子を引き取ることになった。ベビー用品を揃えようとスーパーで右往左往しているところを昔の恋人ミシェルに声をかけられ事情を話すと、彼女はサムを手伝ってくれるという…

 「富豪一族:失われた相続人」最終話、毒殺未遂事件の真相も明らかになります。最後の相続人は海兵隊に所属するサム。

 赤ちゃんものにして元恋人ものです。かつてサムはミシェルにプロポーズしたけれど彼女はある理由からそれを断ります。10年後に再会した二人は焼けぼっくいに火が…という話。ヒーローはいいんですよ、一生懸命だしかわいいし。でもヒロインがねえ、自分からプロポーズを断ってそれは違うだろう~!何故ヒーローを責める??と思うことしばしばあり。どこか読み飛ばしましたでしょうか、納得できなかったですね。

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆(3.5)

 2話3話の主人公たちに関連したエピソードもありましたが、これはどちらかが主人公のときに持ってきたほうがいい話じゃないかなと思いました。二人とも他のことで手一杯だったけど、重要ポイントですし、最後に持ってこられても気分が盛り上がらない…。残念ながら「失われた相続人」はシリーズとしてのまとまりやバランス、構成がイマイチに感じられました。

2006年11月27日

ハーレクイン・スポットライト  富豪一族への招待/バーバラ・ボズウェル、ジェニファー・グリーン、ジャッキー・メリット <富豪一族:知られざる相続人6>

富豪一族への招待 「富豪一族:知られざる相続人」シリーズの番外編、ライアン・フォーチュンを様々な状況で救った人たちが彼からクリスマスのプレゼントを受け取ります。

 お気に入り度:★★★☆☆(3.5) ホット度:★★★☆☆

・シークと魔法の指輪/バーバラ・ボズウェル
 エズミはイマルコのシーク・ニコと婚約していたが政情不安から一方的に別れを告げられた。一年後、ライアン・フォーチュンから真実の愛を成就させる指輪を贈られたニコ。ライアンはエズミを誘うようニコに勧めるが…

 別れた恋人もの、しかも別れている間にヒロインは純潔を失い…というお話です。そんな設定になったのには作者の意図がある大事な要素なわけで、出来ればそうではないほうがいいのだけど、最後まで読むとあまり気にならなかったかなあ。でもヒーローの○○については、それってちょっとライアンて…と。だって知られざる相続人て☆☆なシリーズなわけじゃないですか、ねえ。

・今宵はプリンセス/ジェニファー・グリーン
 事故にあったライアン・フォーチュンを偶然救ったジェサミンとセバスチャンはフォーチュン家のクリスマスパーティでそれぞれ家の鍵を渡される。家の中にプレゼントがあると思ったジェサミンだったが二人に贈られたのは豪邸そのものだった…

 まるで正反対に見える二人が偶然出会い、運命の手によって引き寄せられ、知らぬ間に惹かれ合い、意外にも共通点を発見して…というお話です。あまり期待していなかったのだけど面白かったです。

・プレイボーイの愛し方/ジャッキー・メリット
 医師のマギーはライアン・フォーチュンから二百万ドルの小切手を贈られた。難病を患う妹を持つマギーは治療法を探す研究所を作る計画を立てるが、研究所にはその分野の第一人者ドクター・エリオットを招聘したい。かつて医学実習生として同じ病院に勤務していたエリオットの注意をひくためドレスアップしたマギーは…

 ちょっとお堅いヒロインとプレイボーイヒーローの再会もの。ヒロインの女心がいいのよ。ヒーローもある意味お約束的反応を見せて楽しいです。3作の中では一番短かったけれどわかりやすくて好きです。

2006年11月25日

シルエット・ラブストリーム  捨てられた天使/ルース・ランガン <サリバン家の女神たち3>

捨てられた天使 セレストが経営するニューイングランドの古いホテル〈オールド・リバティ・タバーン〉に元恋人ドリューがやってくる。同じサリバン・グループにいたドリューは一年前セレストと別れライバル社の幹部となり〈オールド・リバティ・タバーン〉買収のための視察に来たのだった。未だ想いを残したままの二人は…

 「サリバン家の女神たち」最終話、三女のセレストがヒロインです。長女のアレックスが運営していた〈スナッグ・ハーバー・ロッジ〉は居心地のいい隠れ家という意味だそうですが、姉妹は三人とも種類は違えど居心地のいい場所を作ることを生業としているようです。

 今回は再会ものなのですが一応は穏やかに別れたらしく、いきなり喧嘩が始まるとかとげとげしさもなくかといって無視しあうような冷たい間柄でもない、二人とも大人同士の対応です。それでも相手を放っておけない…と。Rを読み慣れているとこう言うのは珍しく感じますね。ヒロインは忙しくも生き生きと働いていて好感。3作の中ではこれが一番面白かったです。(たぶん一番分かり易い)

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆

2006年11月24日

シルエット・ラブストリーム  さすらいの貴公子/ルース・ランガン <サリバン家の女神たち2>

さすらいの貴公子 リズベスが営む小さな町のB&Bに近所の家の改築工事のために町を訪れた建築家コリンが滞在することになる。シーズン前で他に滞在客もなく共に過ごすことが多い二人は徐々に惹かれ合っていくが…

 「サリバン家の女神たち」2作目、次女のリズベスがヒロインです。

 同じB&Bを営むヒロインと言うことで作家は違いますが「心やすらぐ緑の宿」を思い出しました。料理が好きで(食事シーン多いです!)花に語りかけ庭仕事に精を出し住民全てが顔見知りのゆったりした町で根を下ろした暮らしを好むヒロインと世界各地を旅して暮らすヒーローという対照的な組み合わせ。臆病になるヒロインをゆっくりゆっくりやさしくかき口説くヒーローです。

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

ブログ  徐々に

 読むペースがダウンしているとはいえ、気がついたらひと月以上ほったらかしにしてしまいました。汗アセ
 読んだ本のメモだけは取っていますが、感想を書けないままとなっている本もいくらかあります。来月を目処に徐々に出来る限りアップしていく予定ですので、宜しくお願いします。

2006年11月19日

ハーレクイン・ロマンス  麗しきレッスン/サンドラ・マートン <ラミレス家の花嫁3>

麗しきレッスン NYに暮らすジェイクの元へ実父の弁護士からの手紙が来る。そこには遺産受け取りと異母兄弟に会うための条件が書かれていて…。リオデジャネイロの学校に8年間閉じこめられていたカタリーナは学校を出て両親の遺産を継ぐ21歳の誕生日を心待ちにしていた。しかし後見人の大叔父が亡くなり、遺産を受け取るには新しい後見人の選んだブラジル人と2か月以内に結婚しなければならないとわかり…

 「ラミレス家の花嫁」最終話です。いよいよ三兄弟に出会いの日が…?

 長い間学校に縛られ今また無茶な遺言に縛られるヒロインは自由を欲してヒーローに対しても反抗します。でも気概があり一方でうぶでもあり(8年も学校の外に出られなかったわけですから)、ヒーローじゃなくても魅力を感じますって。自由に暮らしてきたヒーローが翻弄される様は楽しい♪面白かったです。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆(3.5)

2006年11月18日

ハーレクイン・ロマンス  二百年の恋/フィオナ・フッド・スチュアート

二百年の恋 音信不通だった祖母を二十年ぶりに訪ねたナターシャ。和解をした夜祖母は亡くなりナターシャには地所が残される。隣人の男爵ラウルと出会い親しくなっていくが、ある日男爵家の歴史が書かれた本に二百年前に生存したナターシャと全く同じ名の祖先を見つけて…

 前2作ではティーンエイジャーヒロインでしたが今回は仕事も持つ大人のヒロインです。でもやっぱりヒーローが気になりますね、色んな意味で。やきもち焼きだし、彼女に夢中なのに絶対に認めようとしないし、ヒロインに怒ってばかりなのに会いに行かずにはいられなかったり、おバカというかここまで来ると笑ってしまう…。でもかわいいと言いますか嫌いじゃないですね。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆