« プレイボーイの罪/キャサリン・スペンサー | メイン | 秘書の片想い/キャスリーン・ガリッツ <富豪一族:知られざる相続人5> »

2006年10月17日

ハーレクイン・ロマンス  結婚という名のビジネス/ミランダ・リー <求む、妻3>

結婚という名のビジネス 結婚紹介会社<求む、妻>を経営するナタリーは両親の借金に頭を悩ませていた。そんなとき新規客としてマイクが現れる。外見は兵士タイプでコンピュータの転載だとうそぶく彼は高額報酬と引き替えに便宜結婚をしてくれる相手を求めていた。会員を紹介できないと告げたナタリーだったが次の瞬間にはこう言っていた。「わたしではどう?」

 「求む、妻」最終話。主人公二人とも前作に顔を出しています。

 女性とは感情抜きのつきあいしかしないヒーローと、過去に恋人に裏切られたことから(結婚紹介サービスをしているにも関わらず)男性不信のヒロイン。性的にはバチバチ惹かれ合っている二人なのだけれど心の問題は根深くて。でもヒロインが徐々に変わっていくところは良いな~。ヒーローの殻はヒロインよりも固いのですけど、それがふっと壊れたところが見えるシーンにはほろっとしました。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆(3.5)

A Scandalous Marriage (Harlequin Presents) :Amazon
Wiki RomanceWikiより

 ミランダ・リー(MirandaLee) 著
 藤村華奈美訳
 原題: A Scandalous Marriage
 2006年10月20日発行
 Harequin Romance R-2143 
 求む、妻3
 ISBN:4-596-12143-5
 舞台:シドニー

関連するエントリー

関連するTag(キーワード)