« キスまでの距離/ジェシカ・スティール | メイン | 嫉妬と傷心/フランセスカ・ショー <リージェンシー・ブライド4> »

2006年10月04日

ハーレクイン・イマージュ  パリの妖精/サンドラ・フィールド

パリの妖精 新進気鋭のバイオリニスト・リアは友人の薦めで出席したパリの仮面舞踏会でセスと出会う。たちまち惹かれ合う二人は熱い一夜を共にするがリアは仮面を外さず名前も告げぬまま立ち去った。しかし数ヶ月後に妊娠が判明しリアはセスに手紙を書くのだが…

 そこから物語は八年が経過します。前作でもそうだった、熱く運命的な出会い(こういうの好きです)から始まるストーリーはパリからカリブ海、ウィーンなど世界中をめぐることに。主人公二人とも忙しいのは珍しいかもね。色々と熱々な二人だから過去の話が解決したらそれでオッケーかと思いきや、ガンコヒロインならぬ頑ななヒーローが。今回ヒーロー母は許せると思いました。だから読後感も悪くなかったです。

 メモ お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆(3.5くらい)

His One-night Mistress (Harlequin Presents) :Amazon
 Wiki RomanceWikiより

 サンドラ・フィールド(SandraField)著
 伊坂奈々訳
 原題: His One-Night Mistress
 2006年10月5日発行
 ハーレクイン・イマージュ I-1849
 ISBN:4-596-21849-8
 舞台:パリ、カリブ海、ウィーン、アメリカ

関連するエントリー