« パリの妖精/サンドラ・フィールド | メイン | スキャンダルの香り/リア・ヴェール <孤独な紳士たち4> »

2006年10月06日

ハーレクイン・ヒストリカル  嫉妬と傷心/フランセスカ・ショー <リージェンシー・ブライド4>

嫉妬と傷心 二十歳以上歳の離れた伯爵に嫁いだマリッサは二年間の辛い結婚生活の後、未亡人となった。夫の葬儀の日に現れた彼のいとこルシアンは夫に生き写しで、マリッサは失神する。その夜、マリッサが夫から解放された衝動から屋敷内を走っているとルシアンと出会い、二人はキスを…

 「リージェンシー・ブライド」4作目は不幸な結婚生活を送ったヒロインと彼女の心を解きほぐそうとするヒーローのお話。

 わりと面白かったんですが、そんなにはまれなかったなぁと思いました。ヒーローは辛抱強くヒロインを思いやるのですが結構鈍感だし(少しは考えろよとつっこみまくり)、ヒーローの愛人はいい人なんですがだからといってなれなれしすぎるわよ、ってしっかりヒロイン気分じゃないっすか(^^; ま、それが伝わりすぎて「んも~っ」と色々焦れてしまうのねえ。

 メモ お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

Wiki RomanceWikiより

 フランセスカ・ショー(FrancescaShaw)著
 辻早苗訳
 原題: The Youngest Dowager
 2006年10月5日発行
 ハーレクイン・ヒストリカル HS-266
 リージェンシー・ブライド4
 ISBN: 4-596-32266-X