« 情熱だけの関係/ミランダ・リー <求む、妻2> | メイン | 新妻の嘆き/フィオナ・フッド・スチュアート »

2006年09月15日

ハーレクイン・ロマンス  シチリアで散る愛/ジェイン・ポーター

シチリアで散る愛 カサンドラは六ヶ月前愛人だったマクシモスに捨てられ、いまだにその傷が尾を引いていた。立ち直ろうとする彼女はマクシモスの妹の結婚式に彼の仇敵エミリオの恋人として出席を決め彼の実家へついて行く。激怒するマクシモスと再会したカサンドラは…

 全体的に緊張感がありセクシーな雰囲気の作品でした。しかしこれはど~なんでしょうね?私は告白の最後の最後ではヒーローを許せたけれど、それまでは(彼が何をしたか予想がついていたけど)許せないと思いました。彼が明かさなかったことがね。酷いよ。身勝手だよ。まあ、ヒロインの苦しみ・心の傷がメインの作品だからそう思うのかなぁ。あとヒーローの仇敵が嫌な奴で気分悪かったです。たぶんもう読み返すことはないかもしれません。(でもこういう本こそ印象に残って後から読みたくなったりもするんだよね)

 メモ お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★★☆

The Sicilian's Defiant Mistress (Harlequin Presents)
 Wiki RomanceWikiより

 ジェイン・ポーター(JanePorter) 著
 木内重子訳
 原題: The Sicilian's Defiant Mistress
 2006年9月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2138
 ISBN:4-596-12138-9

関連するエントリー