« 屈辱のプロポーズ/マギー・コックス | メイン | 読書日記 April, 1998 »

2006年09月17日

ハーレクイン・ロマンス  彼が結婚する理由/エマ・ダーシー <ラミレス家の花嫁1>

彼が結婚する理由 広告代理店を経営するニックに亡くなった実父エンリケから小包が送られてくる。そこにはニックに異母弟がふたりいること、ある条件を満たせば彼らの情報を教えると書かれ…。二ヶ月前に息子ザックを出産したテスに半年ぶりにニックから電話がかかってくる。ザックは一夜の関係から生まれたニックの息子だったがテスはそれを彼に知らせてはいなかった…

 「ラミレス家の花嫁」1作目。プレイボーイのポロプレイヤー・エンリケがもうけた庶子三人がヒーローとなるシリーズです。それぞれ担当作家が違い、今作はエマ・ダーシーがオーストラリアのヒーローを、次作以降はミシェル・リード、サンドラ・マートンが欧州、アメリカのヒーローを描くのだと思われます(エンリケはブラジル人ですが海外遠征をして世界各地で子供を…というわけです)。「ラミレス家」というより「ラミレス」で良かったのではないかと思ったかな。

 説明するのが難しいのですが、ニックとテスは義理の兄妹…になるのかなぁ?(ニック母とテス父が結婚していた。一緒に暮らしたことはない。)とにかく複雑な関係を持った主人公たちの感情説明にページが大きく割かれています。ヒーローがヒロインの女の部分を否定した(そしてそのあとに取った行動)、というくだりは結構微妙でした。ヒロインはしっかり者でそれを理解するんですけど、ちゃんと説明もされているけど、ううむ、どうだろ~。ふたりが情熱に負けたいきさつも読んでみたかったですかね。

 メモ お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

The Ramirez Bride (Harlequin Presents) :Amazon
 Wiki RomanceWikiより

 エマ・ダーシー(EmmaDarcy) 著
 秋元由紀子訳
 原題: The Ramirez Bride
 2006年9月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2134
 ラミレス家の花嫁 1
 ISBN:4-596-12134-6
 舞台:シドニー