« 美貌のシャペロン/ニコラ・コーニック <放蕩貴族の素顔2> | メイン | 君主の誓い/ローラ・ライト »

2006年09月11日

シルエット・スペシャル・エディション  琥珀色の涙/リア・ヴェール <孤独な紳士たち3>

琥珀色の涙 弁護士リンの仕事は“失われた富豪たち”の一人リックをマッコイ家へ連れて行くこと。だが彼は飲酒運転のあげくに事故を起こし保釈中の身。リックの態度と事故に疑問を抱いたリンは周辺の調査を始めるが、リックは非協力的なだけでなく彼女の邪魔ばかりをして…

 「孤独な紳士たち」3作目。今回は海兵隊所属の次男(ということになるらしい)リックがヒーロー。ヒーロー4人とも母親との関わり方、実の父のことを知っているか否かという組み合わせが違うのが面白いですね。実はわたしは軍人ヒーローにはそれほどそそられないのですけど、軍の仲間同士の絆とか、今回は結構カッコ良かったかも(軍人としての見せ場はありませんので期待なさらぬよう。)。ヒロインは今までと似たよーなタイプかな。キャリア重視、プライベートは寂しく、ひとりで生きている。ストーリーは八方ふさがりに見えたものの…最後が思ったより良かったです。

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

The Marine (Harlequin American Romance Series)
 Wiki RomanceWikiより

 リア・ヴェール(LeahVale)著
 波多野翔訳
 原題: The Marine
 2006年9月5日発行
 シルエット・スペシャル・エディション N-1122
 孤独な紳士たち3
 ISBN:4-596-61122-X
 舞台:カリフォルニア州オーシャンエッジ

関連するTag(キーワード)