« 愛の円舞曲/ステファニー・ローレンス <三人の求婚者2> | メイン | 白い夜に抱かれて/キャサリン・ジョージ »

2006年09月30日

ハーレクイン・ヒストリカル  愛の足かせ/ステファニー・ローレンス <三人の求婚者3>

愛の足かせ 母親の喪が明けたアントニアは弟と共に叔母のヘンリエッタが住むルースヴェン・マナーに滞在していた。そこへ彼女が想いを寄せていたヘンリエッタの継息子フィリップが帰宅する。亡き母親のせいで婚期が遅れたアントニアはフィリップと結婚したいと願うが、ヘンリエッタもアントニアとフィリップの縁結びを考えていて…

 「三人の求婚者」3作目。前作の2か月後くらい、夏の終わりから物語はスタートします。

 冒頭ではヒロインが比重をかけているのは結婚で愛情のことは二の次三の次。もちろんヒーローのことも好きらしいのですがはっきりと書かれているわけではなく、またヒーローのほうもどのくらい真剣なのかはかりかねて、どちらも何となくもやっと。あまり集中できないときに読んだせいかしら。けれど後半は物静かでおっとりしたヒーローがひとりの乙女に翻弄される様が見られて良かったわ~。

 メモ お気に入り度:★★★☆☆(3.5) ホット度:★★☆☆☆

A Comfortable Wife :Amazon
 Wiki RomanceWikiより

 ステファニー・ローレンス(StephanieLaurens)著
 鈴木たえ子訳
 原題: A Comfortable Wife
 2006年3月5日発行
 ハーレクイン・ヒストリカル HS-247
 三人の求婚者3
 ISBN: 4-596-3247-3