« 読書日記 March, 1998 | メイン | 情熱だけの関係/ミランダ・リー <求む、妻2> »

2006年09月14日

ハーレクイン・ヒストリカル  愛のソネット/ステファニー・ローレンス <三人の求婚者1>

愛のソネット 家督を継がせる予定の弟が亡くなったため結婚する必要に迫られたエヴァースリー公爵。自分がロンドンにいる間も屋敷を切り盛りしてくれる女性を求める彼は、レスター家のパーティで一人娘レノーアに目をつける。野暮ったいドレスの上にエプロンをつけ眼鏡をかけたレノーアに興味を引かれる公爵は…

 学究肌で何処よりも図書室が落ち着き、虫よけのために普段から流行遅れのドレスと眼鏡をつけ家の女主人として家事を任されているヒロインと、跡継ぎを生んでくれる女性を求める放蕩者ヒーローのストーリー。前半は二人の攻防、駆け引きが続きこれもかなり面白いのですけど、中盤以降はかなりツボにきましたよ~。最初は傲慢で身勝手なヒーローに何コレと思っていたのに、改心した放蕩者、傲慢ヒーローの嫉妬とうろたえっぷり、このダブルで来られるとホントにもうたまりませんわ。サイコー。ヒロインのかたくなさと乙女の恥じらい、そしてラストもめちゃ好みです。

 メモ お気に入り度:★★★★★ ホット度:★★☆☆☆(2.5)

 にしても世知に通じているはずのヒーローは○○○の予想くらいつかなかったんでしょうか。悶々とする種になっているからオッケーなんだけどネ。

The Reasons for Marriage (Mira)
 Wiki RomanceWikiより

 ステファニー・ローレンス(StephanieLaurens)著
 鈴木たえ子訳
 原題: The Reasons for Marriage
 2006年1月5日発行
 ハーレクイン・ヒストリカル HS-241
 三人の求婚者1
 ISBN: 4-596-3241-4