« 冷たい瞳の誘惑者/ケイト・ウォーカー <アルコラール家に愛を> | メイン | 十二カ月の恋人/ケイト・ウォーカー »

2006年08月31日

ハーレクイン・ロマンス  氷の令嬢/ジュリア・ジェイムズ

氷の令嬢 (ハーレクイン・ロマンス) 銀行家の妹で美術史研究家として摂政時代の画家の調査をしているポーシャは、ある晩餐会で値踏みするような視線を送ってきた男性ディエゴにランチに誘われる。彼女が断ると彼は彼女が行く先々で姿を見せるようになる。やり手実業家で華やかな女性たちと数々の浮き名を流してきた彼を避け続けるポーシャだったが…

 お嬢様ヒロインvs成り上がり実業家のストーリーはヒーローの予想通りの要求があって…なのだけど、その後はちょっと意外な展開に。周囲から冷たい女性、不感症と思われているヒロインですけど、ヒーローも負けず劣らず冷たいですよねえ。ふたりは燃えあがっているのだけれど、冷え冷えとしたラブシーンが続きました。

 メモ お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

Bedded By Blackmail: Bedded by...Blackmail, Forced to bed...then to wed? (Harlequin Presents)
 Wiki RomanceWikiより

 ジュリア・ジェイムズ(JuliaJames)著
 苅谷京子訳
 原題: Bedded by Blackmail
 2006年3月20日発行
 ハーレクイン・ロマンス R-2098
 ISBN:4-596-12098-6
 舞台:ロンドン、シンガポール他

関連するエントリー

関連するTag(キーワード)