« 消えた花嫁/ペギー・モアランド <富豪一族の花婿5> | メイン | 愛を裏切った罰/リー・ウィルキンソン »

2006年07月15日

ハーレクイン・ロマンス  一夜の波紋/ヘレン・ビアンチン

一夜の波紋 (ハーレクイン・ロマンス) ティナは同居していたバシリと一夜の関係を持ち妊娠した。だが直後にバシリが事故死し、バシリの異母兄ニコスから数百万ドルでお腹の子の養子縁組か彼との結婚を提案される。脅しとも言えるニコスのプロポーズにティナは同意し…

 大好きだった「ある出会い」のスピンオフ。ポール(この作品の中ではパウロ)の息子ニコスがヒーローになっています。「ある出会い」ではニコスは15歳だったので現実も同じくらい時間が流れているのよねえと感慨深く、同時に主人公のステイシーにはかわいそうな展開でしたね。

 中盤までずっとまったり展開で特に何もないんですよね~。ヒロインもいつも通りのヒロインで、あえて言えばあまり妊娠中って感じは受けなかったかも。ヒーローは強引ではあるけど思いやりと節度を持ってヒロインに接しているし、まぁそこが若干物足りなくて。スピンで★1つおまけ。

 メモ お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

 「ある出会い」についてはこちらで簡単に触れています。後日もっとちゃんとした記事を書く予定です。

The Greek's Bought Wife (Harlequin Presents)
 Wiki RomanceWikiより

 ヘレン・ビアンチン(HelenBianchin) 著
 愛甲玲訳
 原題: The Greek's Bought Wife
 2006年7月20日発行
 Harequin Romance R-2121 
 ISBN:4-596-12121-4
 舞台:シドニー

関連するエントリー

ある出会い/ヘレン・ビアンチン (2004年08月15日 06時15分)

関連するTag(キーワード)