« シチリアの恋人/サンドラ・マートン <オコンネル家の人々> | メイン | キスは森のなかで/サンドラ・フィールド »

2006年07月01日

ハーレクイン・ロマンス  情熱の夜の行方/サンドラ・マートン <オコンネル家の人々>

情熱の夜の行方―オコンネル家の人々  独身生活を謳歌していたカリンは5月にバークレーで出会って愛を交わした学生マリッサのことが忘れられずにいた。その晩彼女はひっそり立ち去り、以来電話にも出ず連絡もよこさない。9月カリンがバークレーへ行きマリッサを探すと、彼女は大学院を辞めハンバーガーショップで働いているという。そしてマリッサは妊娠していた…

 「オコンネル家の人々」3作目、弁護士の次男カリンが主人公です。

 この作品でちょっとなぁ~と思うのはカリンが妊娠中のヒロインにDNA鑑定までさせること。いくら彼が弁護士とはいえ、いくら一夜の恋だったからとはいえ、このがっくり感が私の場合は尾を引きました。実際はヒーローはヒロインに夢中で、ほどよいメロメロ感なんですけどね。

 メモ お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

 Wiki RomanceWikiより

書名: 情熱の夜の行方
サンドラ・マートン(SandraMarton)著
漆原麗訳
原題: Claiming His Love-Child
2005年6月20日発行
Harlequin Romance R-2046
オコンネル家の人々 3
ISBN:4-596-12046-3
舞台:バークレー(カリフォルニア州)、ボストン、ナンタケット島(マサチューセッツ州)