« 公爵のプロポーズ/ルーシー・ゴードン | メイン | 禁じられた喜び/マギー・コックス »

2006年07月28日

ハーレクイン・イマージュ  禁じられた口づけ/キャロル・モーティマー

 前の職場で上司のセクハラに悩まされたキットは地味で控えめな秘書を演じてきたが、一目会ったときから上司のマーカスに惹かれてきた。ある日マーカスは週末の出張に同行するようキットに命じる。しかも彼の恋人らしく振る舞えというが…

 ん~~~これはちょっと…だったかも 汗アセ。とにかく色んな要素を詰め込みすぎ。そのどれもがモーティマーの以前の作品で読んだことあるようなエピソードだったと思いますし、ごちゃっとしていてわかりづらく、もやもや 肝心のメインのふたりの話がぼやけて見えました。

 メモ お気に入り度:★☆☆☆☆ ホット度:★☆☆☆☆

His Very Personal Assistant (Modern Romance S.)
 Wiki RomanceWikiより

 キャロル・モーティマー(CaroleMortimer)著
 水月遙訳
 原題: His Very Personal Assistant
 2006年4月5日発行
 ハーレクイン・イマージュ I-1816 
 ISBN:4-596-21816-1
 舞台:ロンドン

関連するエントリー

過ちの代償/キャロル・モーティマー (2007年01月27日 07時56分)