« 花嫁になる理由/キャロライン・クロス <富豪一族の花婿4> | メイン | 一夜の波紋/ヘレン・ビアンチン »

2006年07月12日

シルエット・ディザイア  消えた花嫁/ペギー・モアランド <富豪一族の花婿5>

消えた花嫁―富豪一族の花婿〈5〉 (シルエット・ディザイア) 結婚式当日、教会から逃げ出した花嫁のイザベル。それを偶然見かけた捜査官のリンクは跡をつけ、イザベルの車が事故を起こすところを目撃する。リンクが車からイザベルを救出すると彼女は助けを請い、彼はひそかに友人のキャビンへ連れて行き彼女をかくまう…

 「富豪一族の花婿」5作目。3、4作目のヒーローたちの妹イザベルが主人公、事件も大団円へと向かいます。

 珍しく一気読みでした。視線を交わす前から互いに惹かれていたふたりですが、身分違いという以上の深~い溝があり、一時は感情に抗おうとしつつもすべてを乗り越えていく様子は感動的。とにかく全身全霊をかけてヒロインを愛し守るヒーローがいいんですよ!

 メモ お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★★☆

 「富豪一族の花婿」もこれで終わり。シリーズを通しての事件は収束に向かう4話5話で大きく扱われ、時間軸の混乱やかみ合わないエピソードも(たぶん)なかったはず。アリゾナのフォーチュン一族ってことで登場人物も整理されていたので、かなり読みやすく自然な感じで良かったです。お気に入りはこの最終話。

Groom of Fortune (Silhoette Desire, No 1336)
 Wiki RomanceWikiより

 ペギー・モアランド(PeggyMoreland)著
 高山恵訳
 原題: Groom of Fortune
 2006年5月5日発行
 Silhouette Desire D-1130
 富豪一族の花婿5
 ISBN:4-596-51130-6

 データ おまけ 富豪一族の花婿家系図

 わかりやすい家族関係なのであまり必要ないかも、な家系図です。フォーチュン家の人間のみなのでネタバレはありません。