« 楽園の恋をもう一度/スーザン・マレリー <アラビアン・ロマンス:バハニア王国編> | メイン | ひそやかなロマンス/マロリー・ラッシュ »

2006年06月11日

シルエット・スペシャル・エディション  孤独なプレイボーイ/クリスティーン・フリン <愛を知った日3>

孤独なプレイボーイ トラックで工事現場をまわってマフィンやサンドイッチなど軽食のケータリングをしているマディソン。ある日コード・ケンドリックに強引な注文を頼まれ彼に指示された工事現場内にトラックをとめてマフィンを配達したが、トラックに鋼材が落下して商売の危機に…

 常にパパラッチのターゲットとなってきたケンドリック家の中でも最もスキャンダルまみれとなっている次男コードの話です。トラック破壊で訴訟沙汰(→コードがパパラッチの餌食に)にならないようマディソンに仕事を与えたり様子をうかがったりしているうちに、明るく懸命に働くマディソンの心の影の部分を知っていきます。同時にただの放蕩者ではない自分の居場所を求め続けてきたコードの姿が浮き彫りとなっていきます。苦悩する二人と愛、ん~何とも良かったですハート

 メモ お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆

 マディソンが作る数々の料理も美味しそうでポイント高し。