« 悲しい真実/クリスティーン・フリン | メイン | シークを愛した罪/サンドラ・マートン <オコンネル家の人々> »

2006年06月25日

シルエット・スペシャル・エディション  さよならは告げずに/サンドラ・マートン <アラビアン・ロマンス:バハニア王国編>

さよならは告げずに 家族で戦闘機の訓練を生業としているビリー。バハニア王国での仕事に就いた彼女は第四王子で自ら飛行機を操縦するプリンス・ジェフリと出会い、宮殿に招待される。二人はたちまち親しくなるが…

 優れたパイロットであるビリーはその能力ゆえにまわりの男性から無視され、恋愛経験が乏しいヒロイン(他にも原因はあるのですけどね)。彼女に撃ち落とされたことをものともせず積極的にアプローチしてくるジェフリは、四男らしいお気楽さとプリンスらしいプライドと強引さを持ったヒーローです。ここに絡んでくるのがバハニア王国編でキューピッド役を務めている国王なんですよね。くぅ~っ、やっぱりこのたぬきおやじ国王だったか~、と。猫だらけの宮殿で犬を飼うヒロインなど全体的に楽しいムードの一冊でした。

 メモ お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆

 ビリーには三人の兄がいてこの本にはひとりだけ登場しています。スピンないかな~って期待しちゃいますね。