« 孤独なプレイボーイ/クリスティーン・フリン <愛を知った日3> | メイン | ふたたび熱く/ジョー・リー »

2006年06月13日

文庫その他のロマンス  ひそやかなロマンス/マロリー・ラッシュ

 帯の惹句「惹かれ合っているのに、出会わない二人。」が気になって買ってしまった1冊。

ひそやかなロマンス <ラブレターズ・コンピューター・デートサービス>を経営するグレアムの元へ精神分析医クレアからの挑戦状とも取れる入会申込書が届く。クレアのプロフィールと気概に興味を引かれたグレアムは自ら理想的な男ダニエルになりすまし、クレアとメールとチャットでデートを重ねていくが…

 ヒーローは数年前に事故に遭い容姿に強いコンプレックスを持ち、自分の良いところを集めた“ダニエル”と現実のグレアムとの間で悩むことになります。クレアも同様に、恋人であるダニエルとグレアムとの間で迷います。このグレアムがねぇ、結構性格がゆがんでるんですよね汗アセ そこに至る理由もわかるのですが…とにかくヒロインは振り回されっぱなしです。

 メモ お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆(3.5)

関連するエントリー

関連するTag(キーワード)