« 苦い別離/エリザベス・パワー | メイン | 愛を買った億万長者/サラ・クレイヴン »

2006年05月26日

ハーレクイン・ロマンス  欺かれた夜/ダイアナ・ハミルトン

欺かれた夜 シングルマザーのソフィーは頼っていたナニーが亡くなり友人の兄の家に居候するため七ヶ月の息子と乳母車で向かう途中、いちばん会いたくない男性エットーレと再会する。ソフィーは彼の姉のところでナニーをしているときエットーレと愛し合い、彼の婚約者に盗みの罪を着せられたのだ…

 傲慢ヒーローのわかりやすさが良かったー。ヒロインを誤解している間は結構ひどいことを言ったりやったりしますが、誤解が解けると甘くやさしくそしてちょっとおろおろ(笑)。お約束の悪女も出てきて(もうちょっと懲らしめてくれると爽快だったかも)、とにかく気楽に楽しく読めました。

メモ お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆

関連するエントリー

蝶になるとき/ダイアナ・ハミルトン (2006年12月15日 08時34分)