« 落札された令嬢/クリスティーン・フリン <愛を知った日2> | メイン | シチリアで愛して/サラ・モーガン »

2006年05月12日

シルエット・ディザイア  愛が冷めない距離/アン・メイジャー エリザベス・ベヴァリー

愛が冷めない距離・めぐってきた初恋
 夫を亡くしたサマンサは養子にした4人の娘とともに故郷に戻ってきた。だが越してきた大叔母の家の隣人は昔の恋人ゲイブ。ある朝娘が置き忘れたおもちゃを取りにゲイブの家のプールハウスへ侵入したところで彼と再会する。二人はたちまち熱い口づけを交わし…

 前に書いたように来月刊の「ラングストン家の花嫁」とあわせて三兄弟の話になっており、今回のヒーローは次男ゲイブになります。元恋人もので二人とも未練たっぷり。…だったら何で別れたのさ!しかもすぐ別の相手と結婚て。ってところがあまり納得いかねぇ~。ヒーローの仕事の件も結局どう決着ついたのさ?と、話自体は嫌いじゃないのだけど、ちょっとダメ。

メモ お気に入り度:★☆☆☆☆ ホット度:★★★☆☆

・ゴージャスな隣人
 500万ドルの宝くじを当てたダイナは当選金を受け取りにサンフランシスコからジョージア州まで行くことになった。ある理由から飛行機には乗れない彼女だったが、ひそかに憧れている隣人のマーカスがアトランタへのドライブに同行してくれることになり…

 短いのがすごーく残念な作品。惹かれている男性と何日もかけて大陸横断なんていいじゃないの。カラッとしたユーモアある作風も良し。でもいくらでも小さなエピソードを作ったりひとつひとつのエピソードをふくらませたり出来そうなのに、宝くじの顛末にしても呪いの話にしてもイマイチ消化不良感あり。短いゆえでしょうか。

メモ お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★☆☆☆☆

 両方とも微妙にオススメしにくい出来でした。もやもや「ラングストン家の花嫁」を買う予定の方は読んでおいてもいいかも…読まなくてもいいかも。

関連するエントリー