« 愛と憎しみのギリシア/ルーシー・モンロー | メイン | 落札された令嬢/クリスティーン・フリン <愛を知った日2> »

2006年05月08日

ハーレクイン・ロマンス  熱砂を駆ける恋/スーザン・スティーヴンス

熱砂を駆ける恋 ルーシーは生まれ育ったウエストバリー・ホールの修復計画を立てたが頓挫し、融資者への面会でカールという男性と出会い一夜をともにする。2年後。デザインコンクールで優勝したルーシーはゴールデン・パレスの改装を勝ち取り砂漠の国アバダンを訪れる。そこにはかつてカールと名乗ったシーク・カリル、彼女の息子の父親がいた…

 実はこの作家さんちょっと苦手ぽく、途中で投げちゃってばかりだったのですよね(ひとこと読書日記参照)。でも今回はうんざりすることも退屈することもなく読み終わりました。やだもう何でそんなコトするのという傲慢+クールなヒーローはなかなか良いですが、ラストまで行っても愛情があまり伝わってこないのがねえ。さっきまで結婚NGとか言ってなかった?とか、ちょい納得できず。

メモ お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆(3.5)

関連するエントリー