« 買われた純潔/ミシェル・リード | メイン | 宮廷の黒い影/アン・ヘリス »

2006年04月16日

ハーレクイン・ロマンス  愛と疑惑の協奏曲/ヘレン・ビアンチン

愛と疑惑の協奏曲 夫タイラーの友人メッテの存在に耐えられず、リアンはNYから生まれ故郷のメルボルンへ帰って法律事務所で働き始めた。だがそこへタイラーが依頼人として現れる。更に彼はリアンのアパートメントに同居し始め…

 読んでない方にはわけわからん説明で申し訳ないけどいつものビアンチン。上に書いたように元さやものでヒーローがじわじわ~っと剛柔取り混ぜたアプローチして何やらもにゃもにゃもにゃ~とやっているうちにヒロインがOKして終わりました。こんなもんだろうと思っていたので不満はあまりないです。でもちょっとエンディングは長すぎかな。

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

関連するエントリー

ある出会い/ヘレン・ビアンチン (2004年08月15日 06時15分)

関連するTag(キーワード)