« 誘惑という名の復讐/リン・グレアム | メイン | シークとの夜/アレキサンドラ・セラーズ <砂漠の王子たち> »

2006年04月05日

シルエット・ディザイア  孤高のシーク/アレキサンドラ・セラーズ <砂漠の王子たち>

孤高のシーク ヌアは結婚式直前に新郎バリの親族の噂話を立ち聞きし、結婚が政略結婚で彼に愛がないことを知る。ヌアはそのまま逃げ出し自ら小型機を操縦して空へ飛び立つ。だが後部座席には彼女を追うバリが身を潜めていた。そして天候が悪化し飛行機は遭難…

 こういう場合は噂は真実ではなく愛情から結ばれているってことが後々わかるもんなのですが、今回はヒロインが立ち聞きした通り。方やヒロインは彼の魅力(色々ね)に目がくらみ、方やヒーローは彼女を甘やかされた娘としか思っていないわけです。でもその後ふたりは無人島でサバイバル生活を送ることになり…というわけ。前半~中盤はこれってどーだろーなーと微妙でしたが、後半はすっきりしていたのでまぁいっか。

 「砂漠の王子たち:消えた薔薇」シリーズはコミックで1回しか読んでいないのであまり予備知識はないんですが(今回のシリーズは消えた薔薇シリーズのバジェスタン編の続編らしい)、さほど問題はなかったです。

メモ お気に入り度:★★★☆☆(3.5) ホット度:★★★☆☆(3.5)

関連するエントリー