« 砂塵のかなたに/スーザン・マレリー <アラビアン・ロマンス:バハニア王国編> | メイン | 宿敵の口づけ/ダイアナ・パーマー »

2006年03月09日

ハーレクイン・ヒストリカル  料理番の娘/アン・アシュリー

オンライン書店ビーケーワン:料理番の娘
 伯爵家の次男であるベネディクトは好ましい花婿候補として社交界でもてはやされていたが、彼自身は退屈しきっていた。そんな折り姉の友人であるラヴィニアからアシュワース家に関連する連続怪死事件の調査を依頼されウィルトシャーへ赴く。一方ジェントルマンの階級を持つ聖職者の娘として生まれたエマは両親を亡くした後子守りのマーサ夫婦が営む宿屋で料理人として働いていた。そこへベネディクトが甥とともに現れ…

 メモ お気に入り度:★★★★☆(4.5) ホット度:★★☆☆☆

 Romance Wiki : 料理番の娘 原書の表紙がずいぶん情熱的ですよね。

 冒頭は英国ミステリ調です。派手なことはほとんどないんですが、手を取られるだけでどきどきとか、すごく惹かれているけどぐっとこらえてとか(う~んうまく言えない)そんなロマンス描写の中でベネディクトの調査も徐々に進められていきます。

 ところでちょびっと気になったんですが、ウォーセスターシャーってウスターシャー(Worcestershire)のこと?

関連するエントリー

婚約のゆくえ/アン・アシュリー (2006年09月05日 06時35分)
レディに御用心/アン・アシュリー (2005年08月18日 23時07分)
華麗なる企て/アン・アシュリー (2005年02月25日 21時56分)

関連するTag(キーワード)