2006年02月27日

ハーレクイン・ロマンス  悩めるシンデレラ/ケイ・ソープ

悩めるシンデレラ 死を間近にした祖父に会いにアメリカへやってきたジーナは祖父の義理の息子で養子であるロスに会い、互いに惹かれ合う。だが祖父が亡くなり遺産はジーナとロスに等分に残される―二人の結婚を条件として。

 設定からしてなんとも昔ながらの味わい。

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

2006年02月26日

文庫その他のロマンス  花嫁の首飾り/キャット・マーティン

花嫁の首飾り 男爵夫妻だった両親を亡くし義父の元で暮らしていたビクトリア(トーリィ)と妹のクレア。だが義父の魔手が妹に近づき、トーリィは彼を真鍮のベッドウォーマーで殴り倒して妹とともに家を出る。ロンドンへ逃げた二人は生活に窮した末、ブラント伯爵の家でメイド長とメイドとして雇って貰えることになり…

 実はブラント伯爵(ヒーロー)は美貌の妹クレアを愛人にしようという下心ありありで二人を雇った訳なんですが、クレアは天然というか天使というかまだお子ちゃまというかそんな子なので、彼の関心は頭の切れる姉のトーリィへと移っていきます。このへんヒロインとヒーローの攻防が結構楽しい。後半はヒロインが頭がよいゆえにドツボにはまっていく…ってところです。

 そんなに期待していなかったんですがとても楽しかった~。次作も読みます。(でもいつ出るんですか?)

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★★☆(4.5)

 Romance Wiki : 花嫁の首飾り

2006年02月25日

文庫その他のロマンス  流浪のヴィーナス/ローリ・フォスター

流浪のヴィーナス コンピューターショップを経営するゼーンはある日同じ商店街に店を開く占い師タマラにこう言われる。「あなたがほしいの」 一旦は断ったものの以前から彼女のセクシーさに心惹かれていたゼーンはその夜彼女の店に足を向ける。そこで彼は意外な彼女の姿を見て…

 お気に入り度:★★☆☆☆(2.5) ホット度:★★★★☆(4.5)

 ラストシーンは○だったけど、他はうん…あまり入り込めなかったです。ヒーローの兄弟がいっぱい出てきますが、前作に当たる「The Winston Brothers」は出ていないのでちょっぴり置いてきぼり感。んでホット度も、うーん…。

 Romance Wiki : 流浪のヴィーナス

2006年02月23日

ハーレクイン・ロマンス  暴君に恋をして/シャロン・ケンドリック <地中海の王子たち1>

暴君に恋をして マルディビノ公国の王子ニコは保護海域を漂う船のデッキで倒れている女性を発見し、ビーチハウスに運んで看護する。エラと名乗る女性はニコの素性を全く知らず、それを新鮮に思った彼は王子ということを隠したまま、エラを口説いていく…

メモお気に入り度:☆☆☆☆☆(0) ホット度:★★★☆☆(3.5)

 正直、こんな身勝手なヒーローはいらん。

2006年02月20日

シルエット・サーティシックスアワーズ  宿敵に抱かれて/ケイシー・マイケルズ

宿敵に抱かれて 高校にカウンセラーとして勤務するカッサンドラは理事会からの帰宅途中、生徒の父親であり常に反目し合うショーンが雨中車を捨てて徒歩で帰宅するところを目撃する。ざまあみろと内心思いながらも常に品行方正であることをしつけられた彼女はショーンを車に乗せるが、結局二人はすぐ言い合いをはじめる。ところが突然土砂崩れがおき彼らは車中に閉じこめられ、更に土砂が崩れ車は大きな岩に衝突し…

 ざまあみろというのは私の意訳。家族愛度が高めです。

 お気に入り度:★★★☆☆ ホット度:★★★☆☆

2006年02月19日

文庫その他のロマンス  ふいにあなたが舞い降りて/リサ・クレイパス

ふいにあなたが舞い降りて
 19世紀のロンドン。30歳の誕生日を処女のまま迎えようとしていた女流作家アマンダは自ら男娼を雇う。約束の時間に現れたのは驚くほど美しいジャックと名乗る男。初体験に臆する彼女にジャックは歓びを与えるが最後まで進まずに帰って行く。数日後、あるパーティーでアマンダはジャックと再会し、彼が急成長している出版社の社長であることを知る。彼はアマンダにある取引を持ちかけてきて…

 面白かったです~。ヒーローがとてもチャーミング、そしてかなりホット… ハート×2。どうもリージェンシー・ロマンスはアン・アシュリーで面白さに目覚めたので、ホットなラブシーンというのにまだまだ驚いてしまう私。でもこれだけの長編なのにほとんどがヒロインとヒーロー二人で話が進んでいくのもすごいなと思いました。あえて言えば、ヒロインが30歳のオールドミスで男娼を雇うところには好き嫌いが、これと言った事件などは起こらない普通のロマンスなので(私は好きなんですが)ロマンティック・ミステリがお好みの方には物足りないかもしれないと思います。

メモ お気に入り度:★★★★☆(4.5) ホット度:★★★★★

2006年02月18日

ハーレクイン・ロマンス  愛の記念日/リン・グレアム

オンライン書店ビーケーワン:愛の記念日 ある雪の日に出会いたちまち関係を持ったホープとアンドレアス。それから2年、恋人関係を続けていたが、友人の言葉から二人の関係に疑問を抱くホープ。彼は家族や友人に紹介してくれず、厳密に一緒に暮らしているとも言えない。そして出会ってから2周年の記念日の話をアンドレアスに持ち出すと、彼に冷ややかに扱われ…

 いわゆるおばかヒーローものって言うんでしょうか。セクシーでお金持ちだけど、傲慢で身勝手でヒロインの悪い噂をすぐ信じ、ヒロインとの関係の真の形がわかっとらーん、と。かなりわからずやなので後半はちょっとイヤに…。なかばまではとても楽しく読みました。ホット度はリサ・クレイパスを読んだばかりのせいか、それほどとは感じませんでした。

 お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★★☆