« 愛に目覚めるとき/ジュディ・デュワーティ <ある運命の物語1> | メイン | 愛の記念日/リン・グレアム »

2006年01月19日

ハーレクイン・ロマンス  侯爵と見た夢/サラ・クレイヴン

侯爵と見た夢 オーソドックスな展開の作品です。
 ガイドとして働くポリーは伯爵夫人の付き添いとしてイタリアへ同行する。ところが到着したホテルで彼女を出迎えたのはかつてイタリアで恋に落ちたサンドロだった。伯爵夫人はサンドロの親戚でポリーを呼び寄せたのもサンドロの計画だとわかり、ひそかに彼の子供を育てていたポリーは…

 3年前にサンドロと別れさせられたヒロインですが、彼と再会してまたいわゆる互いに引き合う力に気づきます。ヒーローは最初から迫りまくる強引なラテン男なんですが、最初はとばしていたんだからあと一押しあっても…とじらされました(笑)。冒頭でちょっと嫉妬させたり、最後の手紙のシーンもグー。別れさせられたあたりの事情などは(お約束とも言える)悪役も登場して最後までもつれます。
 最近ふうの味付けはしてあるものの、安心して読める定番シークレットベビーものと言うところでしょうか。

メモ お気に入り度:★★★★☆ ホット度:★★★☆☆

関連するエントリー