« 十七歳の花嫁/リン・グレアム | メイン | 優しい絆をもう一度/ノーラ・ロバーツ »

2005年12月20日

ハーレクイン・スティープウッド・スキャンダル  侯爵夫人の艶聞/ポーラ・マーシャル

オンライン書店ビーケーワン:侯爵夫人の艶聞 アンメリング子爵マーカスは周囲の期待をよそに全く結婚に興味が持てなかった。ある日妹ソフィアのウエディングドレスを任された仕立て屋マダム・フェリスに惹かれ猛アタックを開始するが、彼女には秘密があった…。

 スティープウッド・スキャンダル16話「侯爵夫人の艶聞」を読みました。同じポーラ・マーシャルの「諍いの終止符」が好みだったのと、最終話ってことで期待度はアップ。

 以下少しネタバレ。

 他の話を読んだ方にはお馴染みのヒーロー&ヒロインです。(マーカスの妹ソフィアの話は「華麗なる企て」)
 上で猛アタック(死語)とか書いてますが、あくまでも紳士的です。押しの強いヒーローが好みなので私的にはぬるめと感じました。ヒロインの身辺を探るあたりまではハラハラしましたが、基本は二人の間も案外穏やかですしね。マイルドで優しいメロメロヒーローが好きな方はいいかもしれません…。
 シリーズの他の本を読んでいなくてもあまり問題はありませんが、読んでいないと多少点数は辛めになるのではないかなと思います。この作品の重要部分はシリーズの謎が判明することなので。その点で最終話としてのまとまりはばっちりです。

 このスティープウッド・スキャンダル・シリーズ、好きな作品苦手な作品ありましたけど、やっぱりとても面白かったです。毎月楽しみにしていたので来月からはちょっと寂しいですね。まだ読んでいない作品がありますが(近いうちに読みます)またこんな企画ものがあればいいなぁとホントに思います。リージェンシー好きな方もそうでない方もぜひ読んでみてください。

 ところで、前の作品でマダム・フェリスが誰かの支援があったというセリフorモノローグを読んだ気がしたんですが、その辺には触れていなかったのであれは気のせいだったかしら?

関連するエントリー

関連するTag(キーワード)