« ひと夏のシンデレラ/リン・グレアム <異国の王子さま1> | メイン | エメラルドグリーンの誘惑/アマンダ・クイック »

2004年07月28日

文庫その他のロマンス  隻眼のガーディアン/アマンダ・クイック

隻眼のガーディアン チルハースト子爵ジャレッド・ライダーは一族の悲願であるキャプテン・ジャックの宝の探索をし、その謎が隠されているというクレア・ライトボーンの日記がオリンピアという女性の元へ渡ることを知る。実務家のジャレッドは彼女が日記を解読してから情報を買おうと、荷物に付き添ってアッパー・タドウェイのミス・オリンピアの元へ向かった……

 面白かったです!
 見た目は海賊そのものであるのに、時計と予定を書き込んだ手帳を大事にしフレームクレスト家のフレーム(炎)に欠けると言われるジャレッド。進歩的な叔母たちに育てられ「世事に通じている」と自らを言い、図書室で冒険や旅行に関する文献を調べるのが好きなオリンピア。基本はジェイン・アン・クレンツの路線と変わりなく、実際的なヒーローと世間では変わり者と見られているヒロインの組み合わせのロマンスです。
 ストーリーは二人のロマンスがメインで、それに絡んでいくつか事件が起こるというもの。最初から語られている「クレア・ライトボーンの日記」も味つけのひとつ、本筋のミステリーと言うよりエピソードというカンジで、二人の仲を押し進めていきます。それに合わせて様々な人物が登場し、飽きさせません。
 何だろ~こういうちょっぴりハラハラドキドキ、でも基本はのんびりしたヒストリカルっていいねえ♪。読後も頬がゆるむなぁ。

関連するエントリー

雇われた婚約者/アマンダ・クイック (2006年08月09日 06時51分)